2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/18 (Fri) 「クライマーズ・ハイ」を見る。

ひどく興味深い題材ではあった。

クライマーズ・ハイ

日航機墜落事故時における
地方新聞社内の話。
私は5歳だった。
覚えていないと思う。
知識として知ってはいるけれど。

映画が始まってなんだか
肌にヒリヒリとしたものを感じた。
喉が渇いた感じがした。
あれは何だったのだろう。

新聞社という所は実はかなり興味のある所であり
しかし情報が氾濫している現代では
映画のように熱をこめて作っているものだろうかと思う。
使い捨てられる情報が圧倒的な今の世の中で。

もう一ついつも気になるのは
記者とはどういう気持ちで書いているのかという事だ。
特に事件や事故の場合。

堺さん演じる佐山記者が言う。
「(現場に)行かせて下さい。」と。
ギラギラした目を輝かせながら。
この言葉に疑問を持った。
何が彼を突き動かしているのだろうと。

事実を伝えようとする使命感なのか
抑える事のできない好奇心なのか
大きな記事を書きたいという欲なのか。
いまいち量りかねる。

報道のあり方というのは難しい。
例えば災害が起きて助けを待っている人がいる。
マスコミはヘリを飛ばして取材をする。
事件を社会に伝える事が善なのか。
ここで救助に参加しないのは悪なのか。
いつも迷路に入り込んでしまう。

閑話休題。

映画は2時間30分ほどあるのに
それほど長さを感じさせてはいなかった。
むしろ途中もう少し丁寧であっても
良かったのではと思った所も実はあった。

個人的に"新聞"というものにこだわりすぎて
見てしまったが、結局この映画は堤さん演じる
悠木和雅の話なのだと最後に気づく。
だから自分の中で着地点がおかしな感じだった。


公式サイト



さすがにキャストが良くて~。
トモロヲさんとかエンケンさんとか
やはり最高です。
堤さんと堺さんの二人のシーンも良かった。

でもこの話、NHKでやってたのを知っていて
その時のキャストが佐藤浩市と大森南朋さん。
絶対こっちの方が泥臭さ倍増だったろうなと(笑)
ちらっと見た覚えはあるんだけど。
なんで見なかったかなー。

なんか映画熱が高まってきた予感。
来週も何か見に行こうかな。


+++
備忘録。
明日(7/19)の堺さんご出演番組。

日テレ系「メレンゲの気持ち」

TBS系「チューボーですよ!」

でもよく聞く「メレンゲ~」ってのは
またしてもこっちで見れないんだよな。
土曜日の昼間って何やってるんだ??
日テレなので党首ネタふられるのかと
興味深々なのに(爆)

「チューボー~」は、こないだの芝居以来の
巨匠との共演ですかね。楽しみー。
お料理する所見られるじゃん♪

エイガ | trackback(0) | comment(0) |


<<酔っ払い | TOP | 理由>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/329-6f243dfe

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。