2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/27 (Sun) @ウィーン その2

本日は美術館巡り。

どうも毎日朝はヨーグルトを
飲んでるから、旅先でも
ついつい買ってしまう。
ヨーグルト
濃厚で美味しかった。
すごく甘いけど(笑)

朝ご飯。
朝ごはん
ビュッフェ形式で好きなものを
好きなだけ頂けます。
美味しかった。

お腹もいっぱいになり、
準備をして外出。
まずはコンチェルトハウスへと
向かいます。

奥の白いのがコンチェルトハウス。
コンチェルトハウス演目案内
旅行に出かける直前に
ちょうどウィーン交響楽団の
コンサートやってるのに気づき
妙に行きたくなったのです。

ウィーンフィルはさすがに直前で
チケットを手に入れるのは無理だけど
こっちなら敷居もそれほど高くないし
チケットがあれば行きたいなと思って。

その日の夜のチケットはあるかと聞いたら
余裕で買えました。
ちょっと安めの27ユーロのお席で。
チケット

そしてトラムに乗り込み、意気揚々と
ベルヴェデーレ宮殿に向かいました。
トラム乗り場トラム

ここの上宮にはクリムトの「接吻」があります。

バロック調の建物はやはり美しく
柱とか天井を見るだけでも素晴らしいなと。
下宮もあるけれど、とりあえず(笑)
上宮だけ見学しました。
ベルヴェデーレ宮殿1ベルヴェデーレ宮殿2

この水辺の向こうに見えてるのが
一番有名な写真じゃないかなと。
これってすごく大きい池なんですよね。
建物側から見たのが右側で。
ベルヴェデーレ宮殿3ベルヴェデーレ宮殿4

さすがにクリムトの作品も多く
個人的にはシーレの絵もたくさん見られて
満足でした。モネやゴッホもあったかな。

その後、リンクの方に戻り今度は
美術史博物館へと行ってきました。
美術史博物館

こちらもまず建物が凄い。
ドームや天井、柱の彫刻がまた。
細部まで見たいけど見えない(笑)
美術史博物館2美術史博物館3
絵もたくさんあって、ルーベンスや
フェルメール、ブリューゲル他
たくさん見れましたね。
宗教画みたいなのが多かったかな。
部屋が何個も連なっていてそこを
移動していくのですが、部屋ごとに
ふかふかのソファがあり、ぼへーっと
絵を見たり、梁の彫刻みたりつい
長居してしまいそうな感じでした。

あとメダルコレクションとかエジプトの
コレクションとか色々あって、それもまた
面白かったです。
ローマ皇帝?の彫刻みたいなのもあったっけ。

美術館回るのは楽しいのですが、
なんだかこの後どっぷり疲れており。
絵が発するパワーに負けてたのかもしれません。
かなりたくさんの絵を一度に見たし。

その後、ぼちぼち歩いていると
閉じられた門の奥にモーツァルトの
像が建っておりました。
モーツァルト像

それを通り過ぎて、なんか入り組んだ所に
入ったりして、国立図書館プルンクザールへ。
いやー、やっぱり図書館はいいなと。
図書館1図書館2
この色の変わった背表紙から高く
作りつけられた書棚から、何から何まで
心躍らされます。
しかし触るの厳禁なんで残念なんですが。

そういえば、ここに入る時にスタッフの
お兄さんにユダヤ人?と聞かれたな。
そんな事言われたのは初めてだー(笑)

中に大きな地球儀があり、それを見てたら
オジサンには日本人?って言われたけど。
日本からここは遠いねーっとのんびり
話をしてたのでした。(既に懐かしい(笑))

さすがに何か食べるかーっと思い
ウィーンに来たらコレを食べないと
ダメかしらと思いつつ(笑)
ウィンナーシュニッツェルを食べました。
ガイドに絶対載ってる有名な店です。

ビールはないって言われたので(笑)
昼間から赤ワインです(爆)
ウィンナーシュニッツェル
やっぱりデカいっ!!!

一人でコレ全部はさすがにムリでした。
朝ご飯からかなり時間経ってたんですが。
それでものんびり頑張って70%ぐらいは
食べたんじゃないかなー。
ビールじゃなくて良かったか(笑)

さっくさくでレモン汁をいっぱい絞って
食べるとすごく美味しい。
あとサラダもドレッシングが美味しかった。
なんてこと無い野菜のサラダなんだけど。

しかし、今回の旅行でこれが一番
お値段がはりましたねー。
まあ、これのお陰で夜ご飯は
食べられませんでしたが(笑)
これは二人で半分ずつするのが
ベストでしょうねえ。
何か他にも頼めそうだし。

お腹いっぱいになって、またリンク内の辺りを
うろうろしつつ。
あんまり何も考えてなかったので、次に
どこ行こうか考えながらぷらぷら歩いてました。

そして口直ししたいなーっと思い
また買ってしまうジェラート(笑)
ウィーンはジェラート屋さんも多いです。
ジェラート
オレンジ味だったかな。
さっぱりして美味しかった。
しかしサイズを言い間違える・・・(苦笑)
デカかった。。。

夕方、王宮に行きシシィ博物館へ。
入り口はこんな感じ。
シシィ博物館
一階は銀器コレクションがずらり。
ゆっくり見ていたかったんだけど
入った時間が遅くて、スタッフのお姉さんに
時間ないですよーっと言われる。むむむ(笑)

ハプスブルク家で使われていたという
食器類の数々。いや~、凄かった。
伊万里とかもあったし。
あれはもう一度ゆっくり見たいと思います。

そして二階はシシィ博物館。
展示品がちらほらありました。
でも個人的には銀器コレクションのが・・・(爆)

王宮を出てからも、街をぶらぶらしつつ。
ウィンドーショッピングとかもしてました。
ウィーンはお金がないとダメな街です(笑)
ZARAとか日本にはまだないH&Mとか洋服屋も
いっぱいあるし、スーパーも楽しいし。

ウィーンの建物。
建物1建物2


一度ホテルに戻って休憩。
その後、準備をしてコンチェルトハウスへ。
コンサートを聞きに行きました。

何だろう。
日本とは違ってクラシックのコンサートというものが
日常生活に根付いているんだなーっと思いました。
もちろんちゃんとドレスアップしてる人も
ちらほらいるのですが。
平日なんでどう考えても会社帰りなんですよね。
うーん、文化の違い。

演目はバルトークとマーラー。
マーラーは「巨人」だったかな。
いやー、やっぱり自分は古典のが
好きだなーっと実感しましたね(爆)

しかし生オケはやはり良いですよ。
肌に音が振動として伝わってくるのが
何とも言えません。
今度はバロックとか聞きたいです。

ゲストでヴァイオリン弾きの女の子がいて
途中指揮者が弾くチェロとセッションしてる所とか
すごく楽しかったな。客席もノリノリで。

コンサートが終わると暗くなっており
(それでもほのかに明るかったかな。)
地下鉄に乗ってホテルへと戻りました。

さすがに疲れててばたんきゅーでした。

タビ | trackback(0) | comment(0) |


<<@ウィーン その3 | TOP | 違うやん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/347-4eda525b

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。