2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/27 (Sun) @ウィーン その3

ブダペストに戻る日。

とは言っても、18時頃の電車なので
時間はたっぷりとあります。

しかし、昨日疲れたからか
起きようと思っていた時間に
どうも起きられず少し寝過ごしました。
旅行で起きられないのは珍しいな(笑)

寝過ごしても朝ごはんは
ちゃんと食べます(笑)
まあ、気楽な一人旅ですからね。
朝ごはん
パンとかハムとかチーズとか
それぞれの味がしっかりしてて
やっぱり美味しいんですよねー。

お土産を買う為に出かける前に
近くのスーパーへ。

とりあえずチェックアウトして
ホテルで荷物を預かってもらう。
その後、地下鉄に乗って少し郊外の
シェーンブルン宮殿へと向かいました。

リンクからは少し離れてますが
むちゃくちゃ遠いって訳ではないかと。
そもそもウィーンの旧市街が狭いんですよね。

シェーンブルン駅からぼへぼへ歩いて
宮殿へと到着。
シェーンブルン宮殿1
すごく大きいーっ!!

前の道路にツアーバスみたいなのが
たくさん横付けされておりました。
ヨーロッパ各国から来てるみたいで。

なんかツアーが色々あるのですが、
とりあえず全部の部屋を回れるコースで。
音声ガイドを借りてぐるぐる回ります。
音声ガイド
これを耳元に当てて聞くのです。
なんか面白かった。
タダだし日本語もありましたよん。

内部はもう本当豪華絢爛という感じで。
調度品とかも素晴らしかったです。
舞踏会が開かれてた広間とかとか。
本当にこんな世界が存在したんだなーっと
思いを馳せながらぐるぐる回っていました。

かなり広いので、楽しいんだけど
やっぱり疲れつつ(笑)
結構暑かったし・・・。

宮殿の中を見た後、丘の向こうの
グロリエッテとかにも行った方が
良かったのでしょうが、根性はなく(笑)
庭園
お庭もキレイでしたけどねー。
あー、本当遥か向こうだ(汗)

また地下鉄でリンクの方に
戻って行きました。
そしてミュージアムクォーター駅へ。
ここはいくつかの美術館と博物館が
集まっている複合施設です。
MQ1
MQ2MQ3

その中でシーレのコレクションが
充実してそうだったレオポルト美術館へ。
レオポルト美術館
こちらは新しい建物だからか、
昨日行った美術館とは違い
とてもシンプルな作り。
また別の居心地の良さがありました。

一階ではカラヤンの特集があり。
写真が壁面いっぱいに飾られてました。
いやー、やっぱり男前だ(笑)
彼はザルツブルグ出身だったんですね。
知りませんでした。

ブルックナーだったかな。ブラームスだっけ?
カラヤンが指揮した曲を聞けるようにも。

シーレの作品が本当にたくさんあって。
あー、この人の絵の雰囲気が好きだなーっと
のんびり見ておりました。
なんだろ、秋の匂いがする感じというか。
でも作品は欲望とか苦悩とかがテーマらしいんだけど。

他にもたくさんいい作品がありましたが
名前を覚えられないのでダメです(苦笑)

そういえば高校生だか大学生だかの
グループもいました。
どうも授業の一環みたいな感じでした。
いいなぁ、ああいう授業って。

満足した時間を過ごしまた街をぶらぶら。
EURO2008効果でこんなのがありました。
EURO2008
大きな靴がずらーっと並んでました。

ウィーンのオペラ座。
オペラ座
こちらも時間があれば、見学ツアーとかも
参加してみたかったなぁ。

少し歩き疲れたので、休憩する事に。
カフェに行ってケーキを頂きました。
やっぱりウィーンだし(笑)
ケーキ
意外に甘さ控えめな感じで。
コーヒーも濃いし美味しい。
いいなぁ、ヨーロッパ(笑)

時間も少しあったので、大聖堂近くにあって
何度も前を通ったピーター教会へ行ってみる事に。
ピーター教会1
やっぱり内装が凄い。
全体的にどこもこんな感じなんですかねえ。
ピーター教会2
ピーター教会3ピーター教会4
でもこんなにゴテゴテしてても
心が落ち着くからちょっと意外(笑)

少しして夕方の?ミサが始まりそうだったので
逃げてきました(笑)

そしてホテルへ戻って荷物をピックし、
列車に乗る為に西駅へと向かいました。

17:52発のブダペスト行き。
チケットはこんな感じ。
チケット

列車の外観と内観。
列車1列車2

席の上の所に、どこまで行くのか
ちゃんと書いてあります。
列車3

この札が無ければ席が空いてるという事だから
分かりやすいシステムだなと。
係員が検札する時もやりやすいんでしょうね。

しかし、明らかに席を間違っている人が(笑)
なんなんでしょうねー。
チケット全然見てないんだろうな(笑)

私の隣には高校生ぐらいのグループが。
でもビール飲んでたよな。うーむ。
日本よりも若い年齢で飲めますよね、確か。

ウィーンの車窓から(笑)
車窓1車窓2

夕焼けが美しかったです。
夕焼け

列車に乗ってる時間は3時間ぐらいでしたが、
結構短く感じましたね。
その間ほとんど車内放送とかないんですよね。
日本ってやっぱり親切というか
押し付けがましいというか・・・(爆)

こういう事とか色々総合して考えて
日本にいると自己責任というのが
育ちにくいんじゃ?と思ったりも。
(そこまで言うのはオーゲサか?)

ブダペストの東駅までは、また
お友達が向かえに来てくれてて
かなり楽をした旅だったのでした。

タビ | trackback(0) | comment(0) |


<<@ブダペスト その12 | TOP | @ウィーン その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/348-0fa5ab67

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。