2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/12 (Wed) 「赤壁 part1」を見る。

見てきましたん。

赤壁

最近不況の煽りを受けてか
ここ数日仕事が暇なので(苦笑)
急遽昼から休んで見てきました。

前知識がありすぎる作品だったので
うーむとか思ってたりもしましたが
いやはや、面白く見ました。

もちろんジョン・ウー解釈になってるので
「そうなのか?」と思う所も多々あるけど
戦いの場面とかで血沸き肉躍ってました(笑)
鳥肌もたってたし。
やっぱり本当に人間を使った映像は凄い。

えーっと、とにーサン吹き替え?(苦笑)
別に普通語だからそこまで感慨ないけど
肩透かしくらったような気になるからヤだなぁ。

思ってた以上に武の孔明は良かった。
あとチャン・チェンの孫権も凄く良かった。
曹操と戦うのを迷ってる所とかとか。

しかし何がいいって、やっぱり曹操の
張豊毅氏でしょう。
場面が引き締まる感じがする。
最近はあんまり仕事されてないのですね。

でもって胡軍さんがかっこよかったー!
まあ、趙雲子龍はカッコイイ役なんだが。
かなりオイシイ役どころだと思われ。

関羽と張飛の扱いが地味な気がする。
まあ、皆にスポットライトを当てる訳には
いかないんだろうけどね。人数多いし。
個人的には曹操と関羽のやり取り好きなんだが。
(赤壁の所だからあんまり関係ないか。)
酔っ払わない張飛は張飛じゃない(笑)

さて、とにーサン。
私の難点はとにーサンがやれば
どの役でも好きになってしまう事だ(笑)
もともと周瑜のイメージはもっと
デカくてガッチリした人で、人間的に
ちょっと小さそうな人という感じ。
孔明に嫉妬してただろうし。

でもこの映画の中では、周瑜と孔明の関係が
物凄く良いものに描かれている。
そしてとにーサンが演じる周瑜はやっぱり
どこか憂いのある人に変わっていた。
あの表情がやっぱり素敵だったなー。

ってか、チーリンとの濡れ場は必要?(笑)
まあ曹操の目的をそっちに持っていくのであれば
それはそれで仕方ないのかもしれないけど。
(曹操はそんなに愚かじゃないと思うから
この解釈は私的にはちょーっと微妙。
そういう気ももちろんあっただろうけどね。)
とりあえずとにーサン、またまたキレイな
女の子と一緒で良かったね(爆)


「part2」は来年の4月だそうだ。
ってか、それまでに詳細絶対忘れてるよ(笑)


公式サイト




でもまあ、これは「三国志」ではないやね。
有名すぎる話だから、既存のイメージが個々に
あり過ぎてなかなか難しいと思う。
別物だと思うか、違いを楽しむかしないと
「三国志」好きな人は面白く見れないと思う。

冒頭の説明って、オリジナルだと勿論なしなんでしょか。
あと字幕がねー。なんで英語からなんだろ。
(戸田さんだと英語でしょ?)
北京語でもいい人いるでしょうに。

エイガ | trackback(0) | comment(0) |


<<『女という病』 中村うさぎ | TOP | ぐはっ!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/453-40fd4f60

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。