2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/22 (Sun) 「在日の恋人」 高嶺格

少し前に書評に上がってて
読みたいと思っていた。

在日の恋人在日の恋人
(2008/12/04)
高嶺 格

商品詳細を見る


基本的に日記と手紙とで
構成されている。
さらりと読める。

そういえば、日本人が
書いているものを読むのは
初めてだと思う。

最初に書かれている
"ベイビー・インサドン"は
あまりにもすとんと
自分の胸に落ちていった。
それはやはり自分が
日本人だからなのだろうか。

このテーマに関しては、
いつも見過ごせない気がして
でもまだ知らない事も多く
何かを言える状態ではないと思う。

ただいつも思う事がある。
"無知"というのはやはり罪なのだろうか。
私はこれまで生きてきた半分以上の
年月もちゃんと知らなかったのだ。



著者は既に"在日"というものが
「血肉となった」という。
私は以前の著者のように
"眺め"続けていくのだろうか。

ドクショ | trackback(0) | comment(0) |


<<時期 | TOP | 『SHS 3RD SIDE Ⅱ KEEP LEAVES』を聞く。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/552-5988eab5

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。