2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/08 (Sat) 「ボクの音楽武者修行」小澤征爾

50年も前だなんて!

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
(2000)
小澤 征爾

商品詳細を見る


小澤氏が認められるきっかけとなった
ブザンソン国際式コンクールで1位を
取ったのが1959年の事らしい。

神戸から貨物船に乗って海外に渡り、
フランスをスクーターに乗って旅をする。
小澤氏はとても豪気で潔い人のようだ。

この本は小澤氏が家族に宛てた
手紙を元に書かれている。
続いて行く海外でのエピソードに
どんどん惹きつけられていく。

彼には才能があるのはもちろんだけれど
運と人を惹きつける何かがあるのだろうと
思わずにはいられなかった。
運がないといくら才能があってもダメだろうし
周りの人と上手くやっていけないのも困るだろう。

後半部分で、カラヤンやバーンスタインが登場する。
バーンスタインに師事してた(というのかしら)のは
知ってるけど、カラヤンとも交流があったのは
知らなかったなあ。(知識の偏り(苦笑))

カラヤンといえば、去年行ったウィーンの
美術館を思い出す。
ヨーロッパはやはり音楽が身近にある所だったなと
また改めて思った。

せっかく同じ日本人なのだから、一度は
生で彼の指揮も見てみたい。
今はオペラを中心にされてるみたいだけど。


+++
チケット届いたー!
早いよ、凄いよ年代(笑)

朋友達は方大同のコンサート
今年は行くらしい。
私も行きたいぞ(爆)

彼のチケットは売れ行きがとてもいい。
もうちょっとで爆満だ。
一番高くてもNTD3000じゃん。
そこも魅力のような気がする。
いいなー、行きたい(笑)
あら、彼は華納だったんだ。

ってか、同じ10月にやるから
DTのが売れ行き悪いんじゃ(爆)


ドクショ | trackback(0) | comment(0) |


<<Savior | TOP | 11月>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ichinichiippo0204.blog114.fc2.com/tb.php/677-5239331b

| TOP |

プロフィール

emi

Author:emi
PLEN

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブンルイ

ツキベツ

サイシンキジ

コメント

トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

レンラク

名前:
メール:
件名:
本文:

ケンサク

RSS Feed

ブロとも?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。